偽りの秀吉像を打ち壊す

山本博文, 堀新, 曽根勇二 編

豊臣家康は源家康になる必要があった。そして、ある人間たちの歴史を書き換えさせた…すべては徳川家のために。気鋭の研究者九人が、創られた歴史からの脱却を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 既成の秀吉像を打ち壊すということ
  • 第1章 豊臣秀吉は征夷大将軍になりたかったのか?
  • 第2章 消えた前田玄以
  • 第3章 「長丸」の上洛に関しての再検討
  • 第4章 豊臣政権と北奥大名南部家
  • 第5章 秀吉と天皇
  • 第6章 文禄役講和の裏側
  • 第7章 秀吉による伏見・大坂体制の構築
  • 第8章 大坂の陣をめぐる豊臣家と徳川家
  • 第9章 毛利輝元と大坂の陣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偽りの秀吉像を打ち壊す
著作者等 佐島 顕子
千葉 一大
堀 新
堀 智博
山本 博文
曽根 勇二
片山 正彦
白根 孝胤
遠藤 珠紀
書名ヨミ イツワリ ノ ヒデヨシゾウ オ ウチコワス
出版元 柏書房
刊行年月 2013.2
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-4217-0
NCID BB11657992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22220256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想