美術で読み解く聖人伝説

秦剛平 著

13世紀のヨーロッパ、修道士ヤコブス・ド・ウォラギネによって書かれたキリスト教聖人伝『黄金伝説』。イエスやマリア、十二使徒をはじめ、総勢100人以上の聖人の生涯を収録したこの長大な書物は、聖書とともに、中世以降のほとんどのキリスト教美術の画題になったといってよい。本書は時代順の章立てで、主要な聖人ごとの逸話を絵画・彫刻など多数の美術作品と対照させつつ読み解き、キリスト教の本質に迫っていく。好評の学芸文庫書ろしオリジナルの「美術で読みとく」シリーズ。カラー口絵付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『黄金伝説』について
  • 第1回講義 マリアとイエス・キリスト
  • 第2回講義 十二使徒たち
  • 第3回講義 1世紀の聖人・聖女たち
  • 第4回講義 2‐4世紀の聖人・聖女たち
  • 第5回講義 3‐5世紀の聖人・聖女たち
  • 第6回講義 その他の聖人・聖女たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美術で読み解く聖人伝説
著作者等 秦 剛平
書名ヨミ ビジュツ デ ヨミトク セイジン デンセツ
シリーズ名 黄金伝説 ハ15-5
ちくま学芸文庫 ハ15-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.2
ページ数 427p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09516-9
NCID BB1162665X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22238330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想