専門書が伝えないがんと患者の物語

中川恵一 著

「悪性の疑いがあります」…そこから、どうするか?物語仕立てで書かれた、お金の問題、医者とのつきあい方、放射能のリスク、検診の落とし穴…専門書を読むだけでは見えてこない、がんと患者のほんとうのところ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 直腸がんの佐々江さんは余命と治療費を考えた。
  • 第2話 小児がんの子を持った夫婦はどこに希望を見出したか?
  • 第3話 放射能のリスクを冷静に考える。
  • 第4話 放射能のリスクを再度冷静に考える。
  • 第5話 甲状腺がんの由香さんは検査に戸惑った。
  • 第6話 子宮頚がんの裕美さんは原因に思い悩む。
  • 第7話 ナースたちは医者とのつき合いかたを議論する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 専門書が伝えないがんと患者の物語
著作者等 中川 恵一
書名ヨミ センモンショ ガ ツタエナイ ガン ト カンジャ ノ モノガタリ
シリーズ名 新潮新書 508
出版元 新潮社
刊行年月 2013.2
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610508-1
NCID BB11613603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想