通商産業政策史 : 1980-2000  第2巻

通商産業政策史編纂委員会 編

グローバリゼーションが飛躍的に進んだ20世紀末。通商産業省の役割は以前に増してはるかに重要となった。通商政策局及び貿易局が立案・実施してきた通商・貿易政策の全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の対外経済関係と通商貿易政策の基調-欧米における保護主義の展開とそれへの対応
  • 第1部 経済大国の責任と貿易政策(対米欧貿易摩擦交渉
  • 輸入拡大と市場開放
  • 輸出政策)
  • 第2部 多国間通商調整と国際協力(ウルグアイ・ラウンドの締結とWTOの発足(1982〜1994年)
  • WTO体制の発足と我が国通商戦略(1995〜2001年)
  • 日本の輸入救済法の発動-被発動国から発動国へ
  • 地域主義と日本
  • 経済協力政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通商産業政策史 : 1980-2000
著作者等 経済産業研究所
通商産業政策史編纂委員会
阿部 武司
書名ヨミ ツウショウ サンギョウ セイサクシ : センキュウヒャクハチジュウ ニセン
書名別名 通商・貿易政策
巻冊次 第2巻
出版元 経済産業調査会
刊行年月 2013.1
ページ数 896p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8065-2867-8
NCID BB11611211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22203084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
通商・貿易政策 阿部武司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想