近代技術の日本的展開 : 蘭癖大名から豊田喜一郎まで

中岡哲郎 著

東から西へ、世界でものと人の移動に伴い繰り返された文明の移転は、18世紀、イギリスで産業革命に結実し、機械で商品を生産販売する時代を生んだ。同じころ鎖国下の日本では、西からの珍品貴宝を求める蘭癖大名らが技能者を巻き込み、反射望遠鏡、時計、大砲などが製品化されるほどに各地でネットワークを築いていた。開国後、殖産興業のスローガンの下、日本の技術者や在来職人は、外来技術と在来技術をうまく組み合わせて、製糸業、紡績業、軽工業、機械工業、製鉄、鉄道などの分野で独自の発展を生む。この間日本は、日清、日露、第一次世界大戦を経験し、勝つたびに領土拡張するも、最後の第二次世界大戦に大敗しすべてを失う。しかし10年後には高度経済成長が始まる。それはなぜか?技術の角度から考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地球史的角度から見た日本と産業革命
  • 第2章 レバント貿易から産業革命まで
  • 第3章 日本の原生的産業革命または後発工業化
  • 第4章 三つの戦争と軍工廠の肥大
  • 第5章 二つの世界大戦の間
  • 最終章 太平洋戦争・敗戦・高度成長

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代技術の日本的展開 : 蘭癖大名から豊田喜一郎まで
著作者等 中岡 哲郎
書名ヨミ キンダイ ギジュツ ノ ニホンテキ テンカイ : ランペキ ダイミョウ カラ トヨダ キイチロウ マデ
書名別名 Kindai gijutsu no nihonteki tenkai
シリーズ名 朝日選書 896
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.2
ページ数 243,11p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259996-4
NCID BB11597460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想