死の島  下

福永武彦 著

生きているのか、死んでしまったのか。素子と綾子の身を案じる相馬を乗せた東京発の急行列車は夜を繋いで走り続け、京都、神戸、姫路、岡山-と移り行く風景や車中での会話が彼の心と記憶を写し出す。そして目的地・広島着四・三六分。愛と死、原爆と平和、極限ともいえる人間の姿を斬新ながら、正統的な筆致で描いた歴史に残る長篇。日本文学大賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の島
著作者等 福永 武彦
書名ヨミ シ ノ シマ
書名別名 Shi no shima
シリーズ名 講談社文芸文庫 ふC7
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 2013.3
ページ数 476p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290187-1
NCID BB11593415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22217209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想