サムライガール新島八重 : 維新を駆け抜けた「烈婦」の生涯

高野澄 著

兄を慕い、夫を愛し、同志社創設に尽力。篤志看護婦として戦地に赴き、女性初の勲章を受けた才女の感動の88年。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 京都黒谷会津墓地
  • 第1章 兄山本覚馬
  • 第2章 夫新島襄
  • 第3章 硝煙の匂いがする山本家
  • 第4章 会津藩の運命を変えた覚馬の失明
  • 第5章 会津藩は抹殺された
  • 第6章 兄と妹-京都近代化を先導
  • 第7章 八重と新島襄の結婚
  • 第8章 奮闘する会津人群像
  • 第9章 全方位松陰町の人間関係
  • 第10章 裏千家直門の茶人新島宗竹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サムライガール新島八重 : 維新を駆け抜けた「烈婦」の生涯
著作者等 高野 澄
書名ヨミ サムライ ガール ニイジマ ヤエ : イシン オ カケヌケタ レップ ノ ショウガイ
書名別名 Samurai garu nijima yae
シリーズ名 祥伝社黄金文庫 Gた3-11
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.12
ページ数 338p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-31595-5
NCID BB11585075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22183468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想