徳川社会論の視座

水本邦彦 著

近世とは、本当に身分制度に縛られ、領主が搾取する封建社会だったのか?日本列島に生きた人々の声が聞こえてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 徳川日本とはなにか
  • 第2講 「身分型自力」の社会論
  • 第3講 彦根城下・町人社会の形成
  • 第4講 海辺村からみた幕藩体制
  • 第5講 徳川の社会と自然
  • 第6講 朝尾学説に学ぶ-小領主論と近世社会論
  • 第7講 道の名前

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川社会論の視座
著作者等 水本 邦彦
書名ヨミ トクガワ シャカイロン ノ シザ
シリーズ名 日本歴史私の最新講義 03
出版元 敬文舎
刊行年月 2013.1
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-906822-03-4
NCID BB11571627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想