エピステモロジー

金森修 編著

グランジェ、ヴュイユマン、カヴァイェス、ドゥルーズ、ベルクソン、ゾラ-。科学認識論、数学、現象学、文学の諸相から、フランス科学思想の多岐にわたる潮流を俯瞰し、人間の"知性"を真の哲学的方法から探究する。フランス哲学を牽引する研究者による渾身の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 "客観性の政治学"
  • 第1部 "沈潜"の諸相(グランジェの科学認識論-「操作‐対象の双対性」、「形式的内容」、「記号的宇宙」
  • ヴュイユマンにおける"代数学の哲学"-ガロア理論から操作・作用の存在論、構造分析の方法論へ
  • 数学のエピステモロジーと現象学-カヴァイエス以降の一系譜)
  • 第2部 "拡散"の諸相(交錯するエピステモロジー-ドゥルーズという一つの事例から
  • 生命哲学の岐路-ベルクソンとドゥルーズにおける形而上学・科学・政治
  • ゾラと科学-倫理的神秘主義の視座から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エピステモロジー
著作者等 中村 大介
原田 雅樹
林田 愛
米虫 正巳
藤田 尚志
近藤 和敬
金森 修
書名ヨミ エピステモロジー : ニジッセイキ ノ フランス カガク シソウシ
書名別名 Epistemologie

Epistemologie : 20世紀のフランス科学思想史

Episutemoroji
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.1
ページ数 490,16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2005-0
NCID BB11565963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22199406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想