ベンサム : 功利主義入門

フィリップ・スコフィールド 著 ; 川名雄一郎, 小畑俊太郎 訳

現代のさまざまな分野に、実践・理論の両面で大きな影響を及ぼしているジェレミー・ベンサム(1748‐1832)。本書は、彼の厖大な草稿類を整理・校訂するベンサム・プロジェクトを牽引し、新著作集の編集主幹をつとめる、「世界一ベンサムを知る」著者による本格的な入門書である。苦痛と快楽が基礎づける原理(功利性の原理)による立法の科学を構想し、共同体の幸福=「最大多数の最大幸福」を目指したこの思想家の全貌を平易に解説し、従来触れられてこなかった宗教と性、拷問に関する理論に言及するなど、最新の研究成果をもとに彼の功利主義思想を体系的に論じる。詳細な読書案内とともに、ジョン・ロールズ『正義論』(1971)における功利主義批判以降のベンサム研究の動向を論じる訳者解説(小畑俊太郎執筆)を付した、新しい功利主義入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ベンサムとは誰か
  • 第2章 どのベンサムか
  • 第3章 功利性の原理
  • 第4章 パノプティコン
  • 第5章 政治的誤謬
  • 第6章 宗教と性
  • 第7章 拷問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベンサム : 功利主義入門
著作者等 Schofield, Philip
小畑 俊太郎
川名 雄一郎
スコフィールド フィリップ
書名ヨミ ベンサム : コウリ シュギ ニュウモン
書名別名 BENTHAM

Bensamu
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.1
ページ数 262,10p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7664-2003-6
NCID BB11558174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22202178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想