生の技法 : 家と施設を出て暮らす障害者の社会学

安積純子, 岡原正幸, 尾中文哉, 立岩真也 著

「家」や「施設」を出て「地域」で暮らす重度全身性障害者の「自立生活」。その生のありよう、制度や施策との関係、「介助」の見取り図などを描きだして、運動と理論形成に大きな影響を与え続けてきた記念碑的著作。旧版(増補改訂版)から17年を経て、あらたに2つの章「多様で複雑でもあるが基本は単純であること」、「共助・対・障害者-前世紀末からの約一五年」を加えた待望の第3版が文庫版で刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "私"へ-三〇年について
  • 第2章 「出て暮らす」生活
  • 第3章 制度としての愛情-脱家族とは
  • 第4章 施設の外で生きる-福祉の空間からの脱出
  • 第5章 コンフリクトへの自由-介助関係の模索
  • 第6章 自立の技法
  • 第7章 はやく・ゆっくり-自立生活運動の生成と展開
  • 第8章 私が決め、社会が支える、のを当事者が支える-介助システム論
  • 第9章 自立生活センターの挑戦
  • 第10章 多様で複雑でもあるが基本は単純であること
  • 第11章 共助・対・障害者-前世紀末からの約一五年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生の技法 : 家と施設を出て暮らす障害者の社会学
著作者等 安積 純子
尾中 文哉
岡原 正幸
立岩 真也
書名ヨミ セイ ノ ギホウ : イエ ト シセツ オ デテ クラス ショウガイシャ ノ シャカイガク
出版元 生活書院
刊行年月 2012.12
版表示 第3版.
ページ数 663p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86500-002-3
NCID BB11549468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22192705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想