江戸遊女紀聞 : 売女とは呼ばせない

渡辺憲司 著

「不義にして義あり、不道にして道あり」(藤本箕山『色道大鏡』)-太夫から飯盛女まで、各地の遊女一人ひとりの知られざる生涯に光をあて、新しい遊女研究への視座を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 売女とは呼ばせない
  • 第1章 『色道大鏡』の周辺
  • 第2章 太夫の周辺-都会の遊女たち
  • 第3章 飯盛女の周辺-地方の遊女たち
  • 第4章 作法に縛られる遊女
  • 第5章 東アジアの遊女へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸遊女紀聞 : 売女とは呼ばせない
著作者等 渡辺 憲司
書名ヨミ エド ユウジョ キブン : バイタ トワ ヨバセナイ
書名別名 Edo yujo kibun
シリーズ名 ゆまに学芸選書ULULA 8
出版元 ゆまに書房
刊行年月 2013.1
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8433-3943-5
NCID BB11533694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22199494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想