風雅と官能の室町歌謡 : 五感で読む閑吟集

植木朝子 著

室町の代表的小歌を集めた『閑吟集』には、男女の恋歌を中心に、不安な世への明るい諦念の歌など、当時の人々と人生観を映し出す311首が収められている。戦国動乱の気配が漂う室町後期、人々は無常の世を悟りながら、あえて官能に身を投げ出した。庶民から貴族までを熱狂させた「小歌」に、室町人は何を託したのか。小歌に表れたリアルな感情の動きを「五感」でとらえる斬新な方法で、室町歌謡の豊かな世界を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 味わう(青梅の枝-性愛の讃美)
  • 触れる(寝肌の争い-姉と妹の物語
  • 打つ女・打たれる女-官能の倒錯美)
  • 嗅ぐ(簾からこぼれる香り-王朝の文化と中世の遊び
  • 残り香と面影-東下りの殿をめぐって)
  • 聴く(一節切尺八の音色-王昭君の悲劇・稚児の恋
  • 唐櫓の響き-遊女の恋)
  • 視る(意匠・文様との交響-花筏・花靭・水車・誰が袖図
  • 動物の小歌と禅の絵画-燕・蛤をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風雅と官能の室町歌謡 : 五感で読む閑吟集
著作者等 植木 朝子
書名ヨミ フウガ ト カンノウ ノ ムロマチ カヨウ : ゴカン デ タノシム カンギンシュウ
書名別名 Fuga to kanno no muromachi kayo
シリーズ名 閑吟集 519
角川選書 519
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2013.1
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703519-5
NCID BB11533366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22200425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想