NHKさかのぼり日本史  外交篇5江戸

山本 博文【著】

[目次]

  • 第1章 北の黒船日露交渉-ペリー来航の約六十年前、蝦夷地の松前城下で初の日露交渉が行われた。衝突はいかにして回避され、"鎖国"は守られたのか
  • 第2章 将軍吉宗自立経済への道-密貿易の激増により経済の混乱を招いた幕府は、唐船の打ち払いによって、貿易管理体制を強化する。吉宗の目指したものとは
  • 第3章 将軍家光鎖国の決断-オランダ商館の出島移転により、幕府はいわゆる"鎖国"への道を歩む。なぜ、貿易の不利益ともなる政策を選んだのか
  • 第4章 将軍秀忠鎖国の原点-家康の貿易振興策を一八〇度転換したといえる秀忠の貿易統制-その狙いとは何か。二百数十年に及ぶ"平和"はこうして築かれた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NHKさかのぼり日本史
著作者等 山本 博文
書名ヨミ エヌエイチケー サカノボリ ニホンシ
書名別名 外交としての"鎖国" : なぜ、二百年以上の平和が可能だったのか

Enueichike sakanobori nihonshi
巻冊次 外交篇5江戸
出版元 NHK
刊行年月 2013.1
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-081565-6
NCID BB11530969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22200116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想