マックス・ウェーバーの日本 : 受容史の研究1905-1995

ヴォルフガング・シュヴェントカー 著 ; 野口雅弘, 鈴木直, 細井保, 木村裕之 共訳

なぜマックス・ウェーバーは日本の社会科学にかくも大きな影響を及ぼし続けたか。受容の始まりから三木清、レーヴィットをへて大塚久雄、丸山眞男、現在まで。詳細な追跡からその意味を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マックス・ウェーバーの著作におけるテーマとしての日本-受容の出発点?
  • 第2章 マックス・ウェーバー受容のあけぼの 一九〇五‐一九二五
  • 第3章 業績の発見 一九二六‐一九四五
  • 第4章 日本の「第二の開国」期におけるマックス・ウェーバー研究 一九四五‐一九六五
  • 第5章 一九七〇年以後のマックス・ウェーバー・ルネサンス
  • 第6章 結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マックス・ウェーバーの日本 : 受容史の研究1905-1995
著作者等 Schwentker, Wolfgang
木村 裕之
細井 保
野口 雅弘
鈴木 直
シュヴェントカー ヴォルフガング
書名ヨミ マックス ウェーバー ノ ニホン : ジュヨウシ ノ ケンキュウ センキュウヒャクゴ センキュウヒャクキュウジュウゴ
書名別名 MAX WEBER IN JAPAN

Makkusu ueba no nihon
出版元 みすず書房
刊行年月 2013.1
ページ数 371,65p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07709-1
NCID BB11483202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22197226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想