地域通貨 = COMMUNITY CURRENCY

西部忠 編著

地域通貨に関する国内外の理論家の論考や実践者の経験を集めるとともに、主要な地域通貨のデータベースを提供し、過去の重要な経済学説を紹介。地域通貨のマニュアルや処方箋を提供するのではなく、より広い視野から考え、より深く理解するための新しいヴィジョンを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地域通貨とはなにか-統合型コミュニケーション・メディア
  • 第1部 理論編-地域通貨をどう捉えるか、地域通貨でどう見えるか(地域通貨のメディア・デザインとコミュニティ・ドック-進化主義的制度設計による新たな政策論の展開
  • 経済人類学と地域通貨
  • 貨幣減価の着想と補完通貨 ほか)
  • 第2部 事例編-地域通貨をどう使うか、地域通貨でどう変わるか(「平らな」お金と「丸い」お金
  • フレンドリーフェイバーのサンキューシステム
  • 人生を生きるに値するものにするのは何か-イギリスにおけるタイムバンク ほか)
  • 「他律集中システム」から「自律分散ネットワーク」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域通貨 = COMMUNITY CURRENCY
著作者等 西部 忠
書名ヨミ チイキ ツウカ
書名別名 COMMUNITY CURRENCY

Chiki tsuka
シリーズ名 福祉+α / 橘木俊詔, 宮本太郎 監修 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.1
ページ数 306p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-623-06319-2
NCID BB11481364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22200921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想