社会的なもののために

市野川容孝, 宇城輝人 編

平等・連帯・自律を志向する理念としての"社会的なもの"。暗闇の時代に、その潜勢力を来たるべき政治にむけて徹底的に討議する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネオリベラリズムと社会的な国家
  • 第2章 労働はまだ社会的なものの基礎たりうるか
  • 第3章 社会的なものと/の境界
  • 第4章 社会的なものの認識の歩みとデモクラシーの未来
  • 第5章 日本における社会的なものをめぐる抗争
  • 第6章 "3.11以後"と社会的なもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会的なもののために
著作者等 中野 耕太郎
前川 真行
北垣 徹
宇城 輝人
宇野 重規
小田川 大典
山森 亮
川越 修
市野川 容孝
斎藤 光
道場 親信
酒井 隆史
書名ヨミ シャカイテキ ナ モノ ノ タメ ニ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2013.2
ページ数 365p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7795-0724-3
NCID BB11459092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想