夫婦格差社会 : 二極化する結婚のかたち

橘木俊詔, 迫田さやか 著

格差が拡大しつつある日本。家族の最小単位である「夫婦」もその流れに拍車をかけている。さまざまなデータに基づき、日本の夫婦の今を探ると見えてくるのは、夫の所得と無関係に働くようになった妻の影響力の大きさだ。医師夫婦に代表されるパワーカップルと、対極にある若いウィークカップルなど、興味深い事例を紹介。また、結婚できない人たちから、離婚、そして地域差まで視野を広げ、夫婦をめぐる格差を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 夫の所得と妻の所得-不平等の鍵はどちらに
  • 第2章 どういう男女が結婚するのか
  • 第3章 パワーカップルとウィークカップル
  • 第4章 結婚できない人たち
  • 第5章 離婚による格差
  • 第6章 地域差を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夫婦格差社会 : 二極化する結婚のかたち
著作者等 橘木 俊詔
迫田 さやか
書名ヨミ フウフ カクサ シャカイ : ニキョクカ スル ケッコン ノ カタチ
書名別名 Fufu kakusa shakai
シリーズ名 中公新書 2200
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.1
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102200-4
NCID BB11428146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22213679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想