城下町

松本四郎 著

戦国期から近世初期に成立し、本来は領主や武家のための城下町が、町人や借家人たちが居住する町へと変化していった実態を、最新の研究成果をふまえ描き出す。取り上げた城下町の地域別分布を地名索引として付載する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 近世城下町の成立
  • 第2 武家屋敷と町人地
  • 第3 城下町の負担と仕組み
  • 第4 城下町の構成と町の組織や施設
  • 第5 城下町の展開と変化
  • 第6 城下町での生活と町域の拡大
  • 第7 幕末・維新期の城下町

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 城下町
著作者等 松本 四郎
書名ヨミ ジョウカマチ
シリーズ名 日本歴史叢書新装版 / 日本歴史学会 編集
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.1
版表示 新装版
ページ数 286,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06667-9
NCID BB1142524X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22197600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想