犯罪論の基本構造

鈴木茂嗣 著

[目次]

  • 刑訴法335条2項にいわゆる「法律上犯罪の成立を妨げる理由」
  • 規範的評価と可罰的評価
  • 構成要件論の再構成-認定論的「構成要件」概念について
  • 犯罪論の体系(違法・有責構成要件論をめぐって
  • 違法構成要件論をめぐって
  • 可罰評価の構造論と認定論)
  • 中山博士の認定論的犯罪論体系について
  • 刑事訴訟からみた犯罪論-認定論的犯罪要件について
  • 犯罪評価と事実認定
  • 犯罪論の新構造〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪論の基本構造
著作者等 鈴木 茂嗣
書名ヨミ ハンザイロン ノ キホン コウゾウ
出版元 成文堂
刊行年月 2012.12
ページ数 486p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-1966-3
NCID BB11425159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想