神社の本殿 : 建築にみる神の空間

三浦正幸 著

神社本殿の内部はどうなっているのか、寺院本堂とはどう違うのか。知られざる神社建築の実態を、豊富な意匠の事例から、見取り図を駆使して読み解く。時代による変遷を辿りつつ、神社の見方がくまなく分かる、初めての書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神社本殿の見方(神社本殿の基本構造
  • 神社本殿の各部意匠
  • 流造本殿の構造と意匠)
  • 神社本殿と寺院本堂(神社本殿と寺院本堂の相違
  • 日本の建築様式)
  • さまざまな本殿形式(本殿形式の概要
  • 最古の本殿形式
  • 流造と春日造の登場
  • 大型本殿の登場
  • 入母屋造の本殿
  • 連棟式の本殿)
  • 神社本殿の起源(本殿の始まり
  • 土台・心御柱と本殿の起源
  • 創始期の本殿の特質)
  • 神社本殿の発展(参入空間の拡大
  • 中世における本殿の発展
  • 近世における古代への復古
  • 近代の復古主義本殿の普及)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神社の本殿 : 建築にみる神の空間
著作者等 三浦 正幸
書名ヨミ ジンジャ ノ ホンデン : ケンチク ニ ミル カミ ノ クウカン
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 362
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.2
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05762-2
NCID BB11416952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22197258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想