敗者の日本史  15

関幸彦, 山本博文 企画編集委員

『忠臣蔵』で知られる赤穂事件。切腹(死)を恐れず「義」を重んじ主君の仇を討った浪士らは、果たして勝者だったのか、敗者だったのか。確かな史料に基づき事件の真相を再現。歴史における勝者と敗者について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 刃傷事件(浅野内匠頭の思い
  • 吉良上野介の評判 ほか)
  • 2 大石内蔵助と急進派(御家再興を考える大石内蔵助
  • 武士の一分にこだわる急進派 ほか)
  • 3 討ち入りへの思い(討ち入りを決定した円山会議
  • 赤穂浪人たちの江戸下向 ほか)
  • 4 本懐を遂げる(討ち入り準備と脱盟者
  • 吉良邸討ち入り)
  • 5 討ち入りの結末(預け先での赤穂浪人
  • 赤穂浪人の処分 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗者の日本史
著作者等 山本 博文
関 幸彦
書名ヨミ ハイシャ ノ ニホンシ
書名別名 赤穂事件と四十六士

Haisha no nihonshi
巻冊次 15
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.2
ページ数 217,2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06461-3
NCID BB1141161X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22198164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想