税金常識のウソ

神野直彦 著

「納めるもの」というよりも、「とられるもの」という日本人の特異な税意識。消費税増税で一段と身近になりながら、複雑でわかりづらい税制度。税金の本質を理解し、未来を決断するための入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「ギリシャ悲劇」の開幕
  • 第1章 租税国家の危機
  • 第2章 租税とは何か
  • 第3章 租税の「顔」を知る
  • 第4章 租税の仕組み
  • 第5章 所得税中心主義の動揺
  • 第6章 日本の失われた20年
  • 第7章 国と地方の「分かち合い」
  • 終章 未来のヴィジョンを描く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税金常識のウソ
著作者等 神野 直彦
書名ヨミ ゼイキン ジョウシキ ノ ウソ
シリーズ名 文春新書 897
出版元 文藝春秋
刊行年月 2013.1
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660897-3
NCID BB11409640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22196628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想