百年の手紙 : 日本人が遺したことば

梯久美子 著

田中正造、寺田寅彦、宮柊二、端野いせ、吉田茂、中島敦、横光利一、山田五十鈴、室生犀星、管野すが…。恋人、妻・夫、子どもへの愛、戦地からの伝言、権力に抗った理由、「遺書」、そして友人への弔辞…。激動の時代を生きぬいた有名無名の人びとの、素朴で熱い想いが凝縮された百通の手紙をめぐる、珠玉のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 時代の証言者たち(権力にあらがって
  • かれらが見た日本)
  • 2 戦争と日本人(戦場の手紙
  • 女たちの戦争
  • 敗戦のあとさき)
  • 3 愛する者へ(恋人へ
  • 妻・夫へ
  • 親から子へ
  • 友情のことば)
  • 4 死者からのメッセージ(夭折者たち
  • 遺書と弔辞)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百年の手紙 : 日本人が遺したことば
著作者等 梯 久美子
書名ヨミ ヒャクネン ノ テガミ : ニホンジン ガ ノコシタ コトバ
書名別名 Hyakunen no tegami
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1408
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.1
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431408-0
NCID BB11406096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22208447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想