近代秀歌

永田和宏 著

「やは肌のあつき血汐にふれも見で」「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」-懐かしくも新鮮な歌の数々は、日本人の感性の源として、永遠に伝えていくべき豊かな財産である。明治・大正期を中心に、"日本人ならこれだけは知っておいて欲しい"近代一〇〇首を当代随一の歌人が選び、心熱くなるエッセイとともに未来へ贈る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 恋・愛-人恋ふはかなしきものと
  • 第2章 青春-その子二十櫛にながるる黒髪の
  • 第3章 命と病い-あかあかと一本の道とほりたり
  • 第4章 家族・友人-友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
  • 第5章 日常-酒はしづかに飲むべかりけり
  • 第6章 社会と文化-牛飼が歌よむ時に
  • 第7章 旅-ゆく秋の大和の国の
  • 第8章 四季・自然-馬追虫の髭のそよろに来る秋は
  • 第9章 孤の思い-沈黙のわれに見よとぞ
  • 第10章 死-終りなき時に入らむに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代秀歌
著作者等 永田 和宏
書名ヨミ キンダイ シュウカ
書名別名 Kindai shuka
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1407
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.1
ページ数 250,8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431407-3
NCID BB11391691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22208462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想