太陽と「仁丹」 : 一九一二年の自画像群・そしてアジアのなかの「仁丹」

田中淳 著

萬鉄五郎、岸田劉生、木村荘八…一九一二年、街と時代をかけぬけた若き芸術家たちの青春群像を鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 一九一二年の自画像群(第一部のための序論
  • 口語体という新しい言葉
  • 太陽と「仁丹」-一九一二年のイメージ)
  • 第2部 そしてアジアのなかの「仁丹」(展覧会評アジアのキュビスム
  • アジアのモダニズムの一側面-「仁丹」広告がつたえること
  • 尾高鮮之助と岸田劉生-研究者と画家の交錯
  • 昭和前期をめぐる三人の画家たち-児島善三郎・鶴岡政男・靉光
  • 絵画の重さについて-「場からの創出」という問題のための断章)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太陽と「仁丹」 : 一九一二年の自画像群・そしてアジアのなかの「仁丹」
著作者等 田中 淳
書名ヨミ タイヨウ ト ジンタン : センキュウヒャクジュウニネン ノ ジガゾウグン ソシテ アジア ノ ナカ ノ ジンタン
出版元 ブリュッケ : 星雲社
刊行年月 2012.12
ページ数 620p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-434-17221-2
NCID BB11386079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22191582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想