荻生徂徠「政談」

荻生徂徠 著 ; 尾藤正英 抄訳

開闢以来第一の人物と同時代人に称賛された日本近世思想史の巨人、徂徠。将軍吉宗の下問に応えて彼が献上した極秘の政策提言書には悪魔的な統治術の数々がしたためられていた。反自由・反平等思想の表れか。近代的思惟の先駆けか。それは江戸の現実と病理に立ち向かった実践的思索の集積であった。いまも論争を呼ぶ経世の書を平明な現代語で読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻1(国を治める方法の根本
  • 江戸の町中ならびに武家屋敷の取締りのこと ほか)
  • 巻2(経済政策の重要性
  • せわしい風習を改めるべきこと ほか)
  • 巻3(人の処遇、および官位・爵禄・勲階のこと
  • 頭・助・丞・目のこと ほか)
  • 巻4(番衆の行動に対する制約のこと
  • 法令を統一すべきこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荻生徂徠「政談」
著作者等 尾藤 正英
荻生 徂徠
書名ヨミ オギュウ ソライ セイダン
シリーズ名 講談社学術文庫 2149
出版元 講談社
刊行年月 2013.1
ページ数 362p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292149-7
NCID BB11358357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想