DNA医学の最先端 : 自分の細胞で病気を治す

大野典也 著

医療の未来はすでに始まっている!がん、脳性麻痺、脊髄損傷から自己免疫疾患、アルツハイマーまで。がん免疫療法のトップランナーが示す現在地と近未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「免疫」とは何か「病気」とは何か(DNA医学
  • エネルギー系と情報系
  • 基本構造はすべての生物で共通 ほか)
  • 第2部 がん治療の最前線(がんの特徴
  • がんはDNAの複製エラー
  • 発がんのリスク要因となるもの ほか)
  • 第3部 「自家幹細胞」が拓く未来(「幹細胞」とはなにか
  • 「自家幹細胞」の可能性
  • 臍帯血による再生医療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNA医学の最先端 : 自分の細胞で病気を治す
著作者等 大野 典也
書名ヨミ ディーエヌエー イガク ノ サイセンタン : ジブン ノ サイボウ デ ビョウキ オ ナオス
シリーズ名 講談社現代新書 2191
出版元 講談社
刊行年月 2013.1
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288191-3
NCID BB11334574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22196217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想