イスラムと近代化 : 共和国トルコの苦闘

新井政美 編著

「世俗化」=「近代化」「イスラム」=「反動」では、ない。「共和国トルコの父」ケマル・アタテュルクによって否定されたはずのイスラムは、なぜその後も長く生き残ったのか。幾重にも複雑に絡まった糸を解きほぐし、イスラム世界における近代化の問題を「脱イスラム」のフロントランナー、トルコ共和国の歩みから読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 オルハン・パムクと「東洋VS.西洋」
  • 第1章 トルコ共和国成立前後における改革とイスラム(オスマン帝国における改革の進展
  • トルコ共和国における世俗化改革の進展)
  • 第2章 ポスト・アタテュルク時代のイスラム派知識人(イノニュ時代の幕開け
  • 複数政党制への移行とイスラム派知識人)
  • 第3章 一九五〇〜七〇年代のイスラム-ヌルジュとトルコ‐イスラム総合論(民主党政権の誕生から六〇年クーデタへ
  • 第二共和政から八〇年クーデタへ)
  • 第4章 第三共和政下のイスラム-ギュレン運動、公正発展党(クーデタ後の体制下におけるイスラム
  • ギュレン運動の台頭
  • イスラム政党の自己変革と軍部の介入
  • イスラム政党とギュレン運動の新展開)
  • 終章 ふたたび「東洋VS.西洋」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラムと近代化 : 共和国トルコの苦闘
著作者等 伊藤 寛了
幸加木 文
新井 政美
書名ヨミ イスラム ト キンダイカ : キョウワコク トルコ ノ クトウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 541
出版元 講談社
刊行年月 2013.1
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258544-6
NCID BB1133347X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22195480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想