ケルトの白馬/ケルトとローマの息子

ローズマリー・サトクリフ 著 ; 灰島かり 訳

古代ケルト人の描いた巨大地上絵「アフィントンの白馬」の謎をもとに、BC1世紀の古イングランドで、馬と生きたイケニ族の少年を描く「ケルトの白馬」。その200年後、ローマのブリタニア遠征を背景に、ケルト人に育てられたローマ人の息子が、困難を乗り越えたくましく生きる姿を描く「ケルトとローマの息子」。いずれもサトクリフ得意の古代ブリテンものの傑作である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケルトの白馬/ケルトとローマの息子
著作者等 Sutcliff, Rosemary
灰島 かり
サトクリフ ローズマリー
書名ヨミ ケルト ノ ハクバ ケルト ト ローマ ノ ムスコ
書名別名 OUTCAST

SUN HORSE,MOON HORSE

Keruto no hakuba keruto to roma no musuko
シリーズ名 ケルト歴史ファンタジー さ40-1
ちくま文庫 さ40-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.1
ページ数 493p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43021-2
NCID BB11323997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22227385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想