超伝導転移の物理

池田隆介 著

超伝導物理の理論を相転移やそれに伴う臨界現象に重点を置くという切り口から解説した専門書。HTSCで見出された磁場下の現象がHTSCに固有のものではないことを明確にするために、物質に関する具体的な記述はむしろ避け、従来からの超伝導の教科書とのつながりで読者に読まれることを意識して、超伝導理論の基礎を中心に書かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 ボース粒子系の超流動
  • 第3章 超伝導のBCS理論
  • 第4章 磁場下の超伝導-渦糸格子
  • 第5章 ゼロ磁場下の超伝導揺らぎの効果
  • 第6章 渦状態での超伝導揺らぎの効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超伝導転移の物理
著作者等 池田 隆介
川上 則雄
稲見 武夫
書名ヨミ チョウデンドウ テンイ ノ ブツリ
シリーズ名 シュプリンガー現代理論物理学シリーズ / 稲見武夫, 川上則雄 編集 4
出版元 丸善
刊行年月 2012.12
ページ数 157p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-621-06507-5
NCID BB11271510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22186143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想