国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討

瀬岡直 著

拒否権制約の原理を問う。法と政治、法と道徳、実定法解釈と立法論が交錯する拒否権制度を国際連合の実行から探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 拒否権の成立過程(ダンバートン・オークス会議
  • ヤルタ会談
  • サンフランシスコ会議
  • 常任理事国の拒否権行使または行使の威嚇の制約事由)
  • 第2章 国連発足後初期の拒否権行使又は行使の威嚇の制約をめぐる動き(加盟問題に関する常任理事国の拒否権行使又は行使の威嚇
  • 初期の国連総会における常任理事国の拒否権行使又は行使の威嚇の制約をめぐる審議)
  • 第3章 「平和のための結集」決議の採択(安全保障理事会と総会の権限関係に関する議論
  • 拒否権の制約事由をめぐる議論)
  • 第4章 スエズ危機における英仏の拒否権行使に対する国連加盟国の対応(安全保障理事会の「主要な責任」の欠如
  • 緊急特別総会における国連緊急軍の設置)
  • 終章 今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際連合における拒否権の意義と限界 : 成立からスエズ危機までの拒否権行使に関する批判的検討
著作者等 瀬岡 直
書名ヨミ コクサイ レンゴウ ニ オケル キョヒケン ノ イギ ト ゲンカイ : セイリツ カラ スエズ キキ マデ ノ キョヒケン コウシ ニ カンスル ヒハンテキ ケントウ
書名別名 Kokusai rengo ni okeru kyohiken no igi to genkai
シリーズ名 国際法 106
学術選書 106
出版元 信山社
刊行年月 2012.12
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-6706-8
NCID BB11264297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想