ニュートンとライプニッツの微分積分 : 離散と連続から考える

アップ研伸館 編集 ; 吉田信夫 著

ニュートンとライプニッツはともに微分積分に大きな足跡を残しています。とびとびの数字をとらえた数列、関数を扱う連続な変数など、双方を見ていくと偉大な2人が考えた微分積分の姿が見えてきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 差で和を求める!
  • 第2章 積分は和?
  • 第3章 漸化式は難しい?!
  • 第4章 微分の公式を作ろう!
  • 第5章 漸化式から微分方程式へ!
  • 第6章 驚きのライプニッツの級数

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニュートンとライプニッツの微分積分 : 離散と連続から考える
著作者等 アップ
吉田 信夫
研伸館
書名ヨミ ニュートン ト ライプニッツ ノ ビブン セキブン : リサン ト レンゾク カラ カンガエル
シリーズ名 知りたい!サイエンス 120
出版元 技術評論社
刊行年月 2013.2
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-5387-2
NCID BB11244788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22192062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想