正しく理解する気候の科学 : 論争の原点にたち帰る

中島映至, 田近英一 著

近年問題となっている地球温暖化という気候変化現象は、地球という大きく、さまざまな構成要素から成り立つものと関わるため、その複雑な本質を理解することは、決してたやすくない。本書は、視点を一度、全地球史が見えるまで拡げたうえで、温暖化の問題がその中でどのように位置づけられるか、どのメカニズムが同じで、どれが違うかについて、明確なイメージを提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地球気候の形成原理
  • 第2章 全地球史のなかの気候の変遷-数十億年スケールの俯瞰
  • 第3章 数十億年から数億年スケールの気候変動
  • 第4章 最近の百万年スケールの気候変動
  • 第5章 近年の気候変化を理解する
  • 第6章 21世紀の気候予測と次世代気候モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正しく理解する気候の科学 : 論争の原点にたち帰る
著作者等 中島 映至
田近 英一
書名ヨミ タダシク リカイ スル キコウ ノ カガク : ロンソウ ノ ゲンテン ニ タチカエル
書名別名 Tadashiku rikai suru kiko no kagaku
シリーズ名 知りたい!サイエンス 119
出版元 技術評論社
刊行年月 2013.2
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-5432-9
NCID BB11244132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22189014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想