東北発の震災論

山下祐介 著

中心(中央)のために周辺(地方)がリスクを負い、中心から周辺に利益が還流する「広域システム」。その存在を顕在化させたのが今回の震災であり、福島原発事故だった。東北において典型的に見られる「中心‐周辺」のシステム形成史をたどり、そのシステムから脱却するために、周辺に暮らす人々や自治体がいかに主体的に動くべきなのかを考察。広域システム災害一般の問題と、東北社会特有の問題との両方を論じた先に見えてくる、未曾有の災害を乗り越える新しい社会のあり方を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広域システム災害
  • 第2章 平成三陸大津波
  • 第3章 東北という場
  • 第4章 原発避難
  • 第5章 復興と支援
  • 第6章 システム、くに、ひと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東北発の震災論
著作者等 山下 祐介
書名ヨミ トウホクハツ ノ シンサイロン : シュウヘン カラ コウイキ システム オ カンガエル
書名別名 周辺から広域システムを考える
シリーズ名 ちくま新書 995
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.1
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06703-6
NCID BB11242895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22224416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想