ビールを〈読む〉

森貴史, 藤代幸一 著

麦とホップの香り立つエッセイ。1516年の「ビール純粋条例」が、500年近くを経た現在も生きている国=ドイツの地ビールを手がかりに、大都市から知られざる小さな町まで、その文化と歴史を読み解き味わう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帝国自由都市のビール-ニュルンベルク
  • ヴェストファーレンのピルス-ヘアフォート
  • オイレンシュピーゲルの町-アインベック
  • 巨大記念碑と火酒の町-デトモルト
  • 水郷と大聖堂と燻製ビールと-バンベルク
  • ブラウンシュヴァイガー・ムメの伝説-ブラウンシュヴァイク
  • ゴーゼと鉱山の町-ゴスラー
  • ドナウの畔にて-レーゲンスブルク
  • 消えたビールの町-ふたつのナウムブルク
  • ゲーテの愛したビール-バート・ケストリッツ
  • 大聖堂とケルシュの町-ケルン
  • 世界最古の醸造所を訪ねて-フライジング
  • ベルリーナー・ヴァイセの町-ベルリン
  • 竜退治の祝祭劇-フルト・イム・ヴァルト
  • ビール純粋条例-ミュンヘン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビールを〈読む〉
著作者等 森 貴史
藤代 幸一
書名ヨミ ビール オ ヨム : ドイツ ノ ブンカシ ト トシシ ノ ハザマ デ
書名別名 ドイツの文化史と都市史のはざまで
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.1
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-27620-0
NCID BB11234547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22198748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想