私の日本古代史  下 (『古事記』は偽書か-継体朝から律令国家成立まで)

上田正昭 著

日本という国号はいつ成立したのか?大王家はなぜ天皇へと変わったのか?万世一系に断絶はなかったのか?そして最大の謎、『古事記』は果して偽書なのか?…『記』・『紀』の神話学をはじめ、宗教、民族、考古学、また朝鮮史や中国史など東アジア全体をも見据えた幅広い視野で提示する、「上田史学」の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(王権の動揺
  • 継体新王朝の血脈
  • 大王家の重大事変)
  • 第2部(仏教の伝来
  • 欽明朝から推古朝へ
  • 飛鳥文化とその時代)
  • 第3部(改新の前提
  • 改新の政治
  • 天智朝の改革
  • 律令国家への歩み)
  • 第4部(日本国の登場
  • 天武朝の政治
  • 天つ罪・国つ罪と七夕の信仰
  • 律令と白鳳文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の日本古代史
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ ワタシ ノ ニホン コダイシ
書名別名 Watashi no nihon kodaishi
シリーズ名 新潮選書
巻冊次 下 (『古事記』は偽書か-継体朝から律令国家成立まで)
出版元 新潮社
刊行年月 2012.12
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603721-4
NCID BB11220225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22190108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想