患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール

大林浩幸 著

[目次]

  • 第1章 効果的な吸入指導法を行うために知っておくべき予備知識(日本における喘息治療の現状と特徴
  • 日本におけるCOPD治療の現状と特徴
  • 日本の喘息治療のガイドライン ほか)
  • 第2章 吸入指導法と、そのピットホール(ドライパウダー型吸入ステロイド薬
  • 定量噴霧式エアゾール型吸入ステロイド薬
  • ICS(吸入ステロイド薬)/LAB(長時間作用性β2刺激薬)合剤 ほか)
  • 第3章 患者さんからの、こんな質問にどう答えるの?(吸入ステロイド薬は、喘息に対してなぜ効果があるの?
  • 吸入ステロイド薬は、なぜ毎日規則正しく吸わなければいけないの?
  • 吸入ステロイド薬より、短時間作用性吸入β2刺激薬の方が早く効くのに、どうしてこちらを中心に使ってはダメなの? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール
著作者等 大林 浩幸
書名ヨミ カンジャ キュウニュウ シドウ ノ コツ ト キュウニュウ デバイス ソウサホウ ノ ピット ホール
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2012.12
版表示 改訂版.
ページ数 139p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-7532-2590-3
NCID BB1119204X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22193972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想