コモンウェルス : 〈帝国〉を超える革命論  上

アントニオ・ネグリ, マイケル・ハート 著 ; 水嶋一憲 監訳 ; 幾島幸子, 古賀祥子 訳

「コモンウェルス」とは何か?-ますます進行するグローバリゼーションのなかで、国境を越えて私たちに働きかけてくる"帝国"という権力と、それに対抗する多数多様な人びとの集合体=マルチチュード。"帝国"が法にのっとって収奪を試みるのも、マルチチュードが生産し、かつ"帝国"と闘うための武器とするのも、"共"という富=コモンウェルスである。それはいかにしてつくられ、どのような可能性を秘めるのか。絶対的民主主義を追究する"帝国"論の完結篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 共和制(と貧者のマルチチュード)(所有財産の共和制
  • 生産的な身体
  • 貧者のマルチチュード)
  • 第2部 近代性(と別の近代性の風景)(抵抗する反近代性
  • 近代性のアンビバレンス
  • 別の近代性)
  • 第3部 資本(と"共"的な富をめぐる闘い)(資本構成の変貌
  • 階級闘争-危機から脱出へ
  • マルチチュードの好機)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コモンウェルス : 〈帝国〉を超える革命論
著作者等 Hardt, Michael
Negri, Antonio
古賀 祥子
幾島 幸子
水嶋 一憲
ハート マイケル
ネグリ アントニオ
書名ヨミ コモンウェルス : テイコク オ コエル カクメイロン
書名別名 COMMONWEALTH

Komon'uerusu
シリーズ名 NHKブックス 1199
巻冊次
出版元 NHK
刊行年月 2012.12
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091199-0
NCID BB11176382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22190239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想