倭寇と勘合貿易

田中健夫 著 ; 村井章介 編

14世紀から16世紀にかけて、東アジア各国は激動の時代を迎える。中国では明が成立し、朝鮮半島では李氏朝鮮が誕生、琉球では尚巴志が三山を統一し、日本では南北朝が合一する。さらに諸国間の関係においても、朝鮮軍の対馬襲撃、朝鮮での倭人動乱、ヨーロッパ勢力の進出、秀吉の朝鮮侵略など、数多くの大事件が勃発した。こうした中、真の意味で覇権を手にしえたのは「双嶼」などの貿易基地を押さえ、海を制した者だった。国家間の公貿易である「勘合貿易」や自由商民「倭寇」の活動を通して、海の道でつながる東アジア世界の全体像をはじめて明らかにした、対外関係史の歴史的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前期倭寇の発生とその活動
  • 第2章 勘合貿易体制の成立
  • 第3章 遣明船貿易の展開
  • 第4章 日鮮貿易の推移
  • 第5章 南海貿易の盛衰
  • 第6章 勘合貿易体制の崩壊
  • 第7章 後期倭寇の消長

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭寇と勘合貿易
著作者等 村井 章介
田中 健夫
書名ヨミ ワコウ ト カンゴウ ボウエキ
書名別名 Wako to kango boeki
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ40-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.12
版表示 増補.
ページ数 299p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09504-6
NCID BB11166480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22192953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想