最後の思想 : 三島由紀夫と吉本隆明

富岡幸一郎 著

"果て"まで歩いた二人の冒険。三島由紀夫『豊饒の海』『日本文学小史』、吉本隆明『最後の親鸞』などを中心に、同じ戦中派として一身で二生を経た二人がそれぞれ辿りついた最終の地点を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最後の思想-三島由紀夫と吉本隆明(西洋近代の没落のなかで
  • 一九七〇年(昭和四十五年)十一月二十五日の衝撃
  • 二十五時間目の部屋
  • 植谷・吉本論争-一九八五年という年
  • 吉本の「井上良雄論」に潜むもの
  • 天皇制への挑戦
  • 思想と身体)
  • 吉本隆明(思想の果てにあらわれるもの
  • 最後の吉本隆明)
  • 三島由紀夫(「絶対」の探求としての言葉と自刃
  • 『豊饒の海』の謎-昭和四十一年の転機
  • 『英霊の声』と一九八〇年以降の文学
  • 神さすらひたまふ-天皇と三島由紀夫
  • 三島由紀夫と吉田満-二十五年の後に
  • 三島由紀夫と日本文学史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の思想 : 三島由紀夫と吉本隆明
著作者等 富岡 幸一郎
書名ヨミ サイゴ ノ シソウ : ミシマ ユキオ ト ヨシモト タカアキ
出版元 アーツアンドクラフツ
刊行年月 2012.11
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-901592-81-9
NCID BB1116124X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22183858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想