環境と社会

西城戸誠, 舩戸修一 編

気鋭の環境社会学者らによる画期的ガイドの誕生。自然災害、原発、リスク社会、エコロジーなど、3.11以後、われわれの生きる世界を根底から捉え直し、新たな一歩を踏み出すための刺激的な30冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 リスクから考える(ベック『危険社会』
  • 舩橋晴俊、長谷川公一、飯島伸子編『巨大地域開発の構想と帰結』 ほか)
  • 第2部 失われた環境(栗原彬編『証言 水俣病』
  • 飯島伸子『改訂版 環境問題と被害者運動』 ほか)
  • 第3部 環境を守る(桑子敏雄『環境の哲学』
  • レオポルド『野生のうたが聞こえる』 ほか)
  • 第4部 当事者性から考える(高木仁三郎『市民の科学をめざして』
  • 平川秀幸『科学は誰のものか』 ほか)
  • 第5部 公正と正義(村井吉敬『エビと日本人』
  • 戒能通孝『小繋事件』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境と社会
著作者等 舩戸 修一
西城戸 誠
書名ヨミ カンキョウ ト シャカイ
書名別名 Kankyo to shakai
シリーズ名 基本の30冊
ブックガイドシリーズ
出版元 人文書院
刊行年月 2012.12
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-00109-7
NCID BB11153525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22215083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想