シャノンの情報理論入門 : 価値ある情報を高速に、正確に送る

高岡詠子 著

現代の巨大な情報社会を支える情報科学の基礎はシャノンによって作られた。形のない情報をどのように表現し、情報の価値をどのように表すのか?シャノンの築いた情報理論を分かりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報科学の歴史
  • 第2章 情報とはなにか
  • 第3章 情報の価値?
  • 第4章 通信量を減らす?:情報源符号化定理
  • 第5章 伝言ゲームでは困る-誤りを減らす
  • 第6章 情報科学の歴史の中の情報理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャノンの情報理論入門 : 価値ある情報を高速に、正確に送る
著作者等 高岡 詠子
書名ヨミ シャノン ノ ジョウホウ リロン ニュウモン : カチ アル ジョウホウ オ コウソク ニ セイカク ニ オクル
シリーズ名 ブルーバックス B-1795
出版元 講談社
刊行年月 2012.12
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257795-3
NCID BB11140035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22190504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想