認知意味論研究

山梨正明 著

認知意味論の視点から、日常言語の意味の世界への新たな探求を試みる。特に、日常言語の意味発生のメカニズムと概念体系の諸相を、イメージ形成、イメージ操作、メタファー写像、ゲシュタルト変換、等の人間の創造的な認知能力との関連で考察していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 イメージ能力と概念体系の創造性
  • 第3章 日常言語の意味の発現と概念体系
  • 第4章 身体的レトリックと言葉の創造性
  • 第5章 日常言語におけるレトリックの複合性
  • 第6章 一般的展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知意味論研究
著作者等 山梨 正明
書名ヨミ ニンチ イミロン ケンキュウ
出版元 研究社
刊行年月 2012.12
ページ数 193p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-327-40162-7
NCID BB11132536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22187597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想