現代日本の政党デモクラシー

中北浩爾 著

なぜ日本政治は混迷しているのか。一九九四年の小選挙区制の導入から、マニフェスト選挙の開始、2009年の政権交代を経て、現在にいたる政党政治の構造的変化を、「競争デモクラシー」という概念を鍵に解き明かす。長年積み重ねられてきた政治改革の問題点を検討し、岐路に立つ日本の政治のこれからを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 競争デモクラシーとは何か
  • 第1章 小選挙区制導入への道
  • 第2章 マニフェスト選挙の始まり
  • 第3章 政党政治の構造的変容
  • 第4章 市場競争型デモクラシーの隘路
  • 終章 岐路に立つ日本の政党政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の政党デモクラシー
著作者等 中北 浩爾
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ セイトウ デモクラシー
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1398
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.12
ページ数 224,14p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431398-4
NCID BB11129076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22193770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想