現代日本思想論

安丸良夫 著

民衆思想史の立場から「近代」の意味を問い続けてきた著者が、眼を現代に転じ、一九七〇年代以降の思想状況の批判的読解に挑む。戦後社会を形作った学問・思想の諸潮流を大胆に整理し明快な見取り図を描くとともに、丸山眞男の思想史学、二〇世紀日本の経験、歴史学の可能性を論じて、日本のこれからの思想的課題を見通す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思想と状況(現代日本の思想状況
  • 戦後思想史のなかの「民衆」と「大衆」
  • 天皇制批判の展開-講座派・丸山学派・戦後歴史学)
  • 2 方法への架橋(表象と意味の歴史学
  • 丸山思想史学と思惟様式論
  • 二〇世紀日本をどうとらえるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本思想論
著作者等 安丸 良夫
書名ヨミ ゲンダイ ニホン シソウロン : レキシ イシキ ト イデオロギー
書名別名 歴史意識とイデオロギー
シリーズ名 学術 278
岩波現代文庫 278
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.12
ページ数 313,5p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600278-7
NCID BB11127048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想