自然を捉えなおす : 競争とつながりの生態学

江崎保男 著

私たちの身の回りにある「自然」とはなんだろうか-。科学としての生物学・生態学=エコロジーの基本から説き起こし、適応と競争をキーワードに進化論とつながりのバランスを解説し、現代生態学の立場から自然を捉えなおす。コウノトリ野生復帰プロジェクトに取り組む著者が、生物多様性の保全、健全な生態系の維持という喫緊の課題を視野に入れつつ、エコロジカルな視点から自然と人間、地域のあるべき姿を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序(視点
  • 実体と概念
  • 自然の実体
  • ものごとの形態・機能・構造)
  • 第1章 エコロジーと科学(科学のアムビギュイティ
  • 科学は「比較」と「なぜ」
  • 生物学の階層性と生態学
  • 生物学の深いわけ
  • 生物学者のアタマの引き出し雄
  • 行動学と生態学)
  • 第2章 生物とはなにか-進化と競争(適応・淘汰・生物多様性
  • 競争と進化の基盤理論
  • 競争の相手
  • 実体としての種
  • 個体群と遺伝子プール
  • 行動学の挑戦状
  • 生物の形態と機能
  • 競争のバランスシート
  • 競争のゆくえ
  • 進化と生態)
  • 第3章 自然とはなにか-認識の生態学(自然のつながり
  • 自然の切り出し方
  • 群衆の機能
  • 二〇世紀の動物生態学(1)-個体群の生態学
  • 二〇世紀の動物生態学(2)-個体数調節問題
  • 二〇世紀の動物生態学(3)-生物相互作用
  • 群衆の構造現代の生態学
  • ニッチと役割
  • メタ個体群
  • 都市生態系
  • 本章のまとめ)
  • 第4章 人と自然-地域と歴史(河川生態系と水田生態系
  • 森林生態系
  • 地域と流域
  • 実行の生態学
  • 環境問題
  • 健全な生態系
  • 地域異体系の保全
  • 生態系サービスと生態系いのち
  • つながりと競争
  • おわりに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然を捉えなおす : 競争とつながりの生態学
著作者等 江崎 保男
書名ヨミ シゼン オ トラエナオス : キョウソウ ト ツナガリ ノ セイタイガク
シリーズ名 中公新書 2198
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.12
ページ数 292p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102198-4
NCID BB11118513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22204720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想