福島原発事故の放射能汚染 : 問題分析と政策提言

本間愼, 畑明郎 編

すべては現実直視から始まる。市民・研究者・ジャーナリストが一体となって、未曾有の原子力発電所爆発事故による放射能汚染に見舞われた現場に立ち、直視し、考え、行動し、提言する真摯な調査研究報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 放射能汚染の実態(福島放射能汚染調査
  • フクシマ放射能調査リポート
  • 福島県における放射能汚染の現状とその課題
  • 福島現地からの実態報告
  • 東電原発大惨事による「低線量」放射線内部被曝)
  • 2 放射能汚染対策(土壌の放射能汚染と対策
  • 里山森林から農地までの汚染実態と低減対策-福島農家と研究者の共同の戦い
  • 震災がれきの広域処理に隠された法的問題
  • 放射能除染対策の問題点)
  • 3 世界の原発・エネルギー政策と放射能汚染への政策提言(ドイツの原子力政策と放射能防護行政
  • 日本の原発・エネルギー政策
  • 日本の原発問題を考える-福島原発事故を中心に
  • 日本の原発の耐振性問題
  • 放射能汚染への政策提言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島原発事故の放射能汚染 : 問題分析と政策提言
著作者等 本間 慎
畑 明郎
本間 愼
書名ヨミ フクシマ ゲンパツ ジコ ノ ホウシャノウ オセン : モンダイ ブンセキ ト セイサク テイゲン
出版元 世界思想社
刊行年月 2012.12
ページ数 242,6p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1577-1
NCID BB11114669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22207081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想