卑弥呼は何を食べていたか

廣野卓 著

日本人の祖先はどんな物を食べていたか?「邪馬台国の食卓」を飾った料理とは?仁徳、文武、長屋王など古代天皇家の晩餐とは?木簡などからその食世界を覗いてみると、新鮮で豊かな医食同源のメニューが浮かび上がってきた。卑弥呼に捧げたご馳走、大和王朝の宮廷料理、遣魏使の弁当など「古代の食卓」が今、甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『魏志倭人伝』に卑弥呼の食を探る(粟と豆の国(卑弥呼以前)
  • 卑弥呼登場 ほか)
  • 第2章 オンザロックを味わった仁徳大王(巨大古墳は語る
  • 稲作に執着する遺伝子 ほか)
  • 第3章 チーズづくりを命じた文武天皇(飛鳥時代にあった乳製品(牛乳・チーズ)
  • 日本初の国産チーズ ほか)
  • 第4章 グルメな長屋王(若菜摘みと七種粥
  • 木簡に記された多彩な食材 ほか)
  • 第5章 古代食と現代食(古代びとの調理の工夫
  • 謎の調味料 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 卑弥呼は何を食べていたか
著作者等 広野 卓
廣野 卓
書名ヨミ ヒミコ ワ ナニ オ タベテ イタカ
書名別名 Himiko wa nani o tabete itaka
シリーズ名 新潮新書 499
出版元 新潮社
刊行年月 2012.12
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610499-2
NCID BB11093059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22184363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想