アメリカ型ポピュリズムの恐怖 : 「トヨタたたき」はなぜ起きたか

齋藤淳 著

二〇〇九年秋から約一年にわたりアメリカで見られた、急加速疑惑に絡む「トヨタ(自動車)たたき」は、民主主義がまさにポピュリズム(大衆迎合)と化した象徴的な出来事となった。なぜ、あのような集団ヒステリー状況が生じたのか?通信社記者として、一連の急加速報道を日夜観測してきた筆者が、異常とも言えるバッシングがしばしば発生するアメリカの社会構造の欠陥をあぶり出す。同時に、トヨタが突然見舞われたバッシングにどう対応し、どのように克服したのかについても触れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発端
  • 第2章 リコール問題の真相
  • 第3章 ポピュリズムの恐怖
  • 第4章 売れ過ぎに注意
  • 第5章 「魔女狩り」議会公聴会
  • 第6章 全面対決回避
  • 第7章 全面譲歩は御法度
  • 第8章 不況時に注意
  • 第9章 米民主党政権に注意
  • 第10章 「言った者勝ち」訴訟社会
  • 第11章 翻弄された日本メディア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ型ポピュリズムの恐怖 : 「トヨタたたき」はなぜ起きたか
著作者等 齋藤 淳
書名ヨミ アメリカガタ ポピュリズム ノ キョウフ : トヨタタタキ ワ ナゼ オキタカ
書名別名 Amerikagata popyurizumu no kyofu
シリーズ名 光文社新書 615
出版元 光文社
刊行年月 2012.12
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03718-5
NCID BB11081628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22184383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想